自殺島 14 森恒二

小説の書評と感想

サワダ暗殺、ギリギリでビビって失敗。あれ、セイじゃなくてリヴに実行を任せていたらふつうに成功したんじゃないかな。リヴってどんどん逞しくなってる。カイがめっちゃ論破されててスッキリした。頭でっかちでプライド高くてそのくせ自分では何もしない、それどころか努力してキラキラ輝いている人間を引きずり落として暗い喜びにニヤつくカイが気持ち悪かったんだよね。 自殺島 14 (ジェッツコミックス) [コミック]森恒二白泉社2015-11-27 

Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました