第159回直木賞の候補作まとめ!

書評総合

第159回芥川賞・直木賞の候補作が6/18に発表されました。小説好きにとっては楽しみで仕方ないこの賞ですが、今年はどの作品が受賞するのか。「この作品かも? いやいや、こっちかも?」なんて予想するのも楽しいものです。
そこで、一冊の本として発表されている直木賞候補作品のうち、本が好き!レビューがあるものをまとめてみました! レビューがない作品へのリンクも貼っているので、ぜひ参考にしてください〜。
湊かなえ『未来』
書籍:『未来』
(湊かなえ/双葉社)
書籍詳細URL:http://www.honzuki.jp/book/265847/
ピックアップ書評(Pink Roseさん)
鬱々としたエピソードてんこもりの黒湊作品
445ページという分厚さの書き下ろし長編。
装丁の美しさとは真逆で内容はどこまでもブラック
顔面コンプレックス、イジメ、DV、性的虐待、AVなど、容赦のない「イヤ」なエピソード続き、まさしくこれは「黒湊」
……続きを読む
窪美澄『じっと手を見る』
書籍:『じっと手を見る』
(窪美澄/幻冬舎)
書籍詳細URL:http://www.honzuki.jp/book/263824/
ピックアップ書評(rodolfo1さん)
共に介護士として働いていたよるべない二人、海斗と日奈の恋愛の変遷を、出会って別れた様々な人たちと共に切なく美しく描く力作。
窪美澄作「じっと手を見る」を読みました。窪さんはあの話題作「ふがいない僕
は空を見た」から継続して読んでいますが、正直言いましてその後の小説は処女
作を凌駕できていませんでした。本作はどうでしたか。。。……続きを読む
本城

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました