「あんな「お客(クソヤロー)」も神様なんすか? 「クレーマーに潰される! 」と思った時に読む本」菊原 智明claim

ビジネス書の書評と感想

【私の評価】★★★★★(92点)

■トヨタホームでクレームに苦しみ、
 しつこいお客様を避け、
 後輩と愚痴を言い続けていた著者は、
 典型的なダメ営業マンでした。

 クレームによって
 寝れない夜を過ごし、
 食べ物がのどを通らない。

 著者は、まさにクレームで
 死ぬ目に合ったのです。

・些細なことを怒り狂うお客様・・
 小さなことが一大事・・(p116)

■クレームに悩み、
 自暴自棄になった著者は、
 会社を辞めようと考え始めました。

 そして、最低なことに
 「お客様を減らそう!」と考え、
 否定的な対応をはじめたのです。

 あるとき消音壁をつけたいという
 お客様に、その消音壁は
 あまり効果がないことを伝えました。

 すると、お客様は、
 「教えてくれてありがとう」
 と、感謝してくれたのです。

・トップ営業マンへの転身のきっかけが、
 正に、「今まで隠していたクレームを
 お客様にお伝えするようになった」
 ことだったのです(p195)

■「あれ!?」
 今まで隠していた商品のダメなところを、
 お客様に伝えたら、逆に感謝された。

 それから「過去のクレーム」を
 ニュースレターにして
 お客様に提供しはじめました。

 そして著者は四年連続
 トップ営業マンとなり、
 コンサルタントとして
 独立したのです。

・「営業マンの最大の使命」とは
 いったいなんなのでしょうか?
 それはズバリ、
 「過去のお客様の失敗を、
 次のお客様にお伝えすること」(p193)

■仕事を受注するために
 商品の悪いところ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました