徹底した「最悪の想定」と、徹底した「万全の備え」ー全ての人に読んでほしい名著「民間防衛」

書評総合
<![CDATA[スイス政府編「民間防衛」(原書房)は、スイス政府が自国民に向けて、「外国からの侵略に備えよ」と説いた本である。想定が多岐にわたり、あらゆる事態に対する備えが考案されており、その徹底ぶりには舌を巻く。(核兵器の使用や、市民への拷問まで想定されている!)自然災害に関する本ではないのだが、避難所生活などに関する部分などは大いに役立つと思われる。内容が広範囲にわたるが、印象的な部分のみ抜粋する。なお、読ん...続きを見る]]>


Source: ぶくぺ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました