感想メモ:鍋

小説の書評と感想

 鍋
 掲載サイト:「小説を読もう!」
 あらすじ
火薬や車の焼けた匂い、倒壊した建物から昨日まで人々の暮らしていた家の生活必需品や洋服の焼け焦げた匂い、そして人の肉や血が焼けて溶ける匂い。混ぜ合わさった香りは、ベテラン兵士でも精神的にダメージを受けるそうです。嗅覚は人の五感で最も敏感なのかもしれません。
(掲載サイト様より引用)

 短編ホラー小説。
 臭いって、すごく記憶を呼び覚ますよね。
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
http://adm.shinobi.jp/s/05a8223dd87876b860b0e24540705488
Source: 忍者

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました