若草色のポシェット(赤川次郎)

小説の書評と感想
若草色のポシェット (光文社文庫) [文庫]赤川 次郎光文社1988-09 どーもー。今回は私の血肉となった小説のコーナーです!(・◇・)ゞ えー、小説界のバブル男こと、赤川次郎先生の「若草色のポシェット」。いや、読んでいたのはいろいろ読んでたんですけど、どのタイトルにしようか迷ったときに、このシリーズが最後に読んだやつだったんで、この「杉原爽香」シリーズにしてみました。
続きを読む

Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました