「一流の上司、二流の上司」吉越 浩一郎

ビジネス書の書評と感想

【私の評価】★★★★☆(86点)

■トリンプで19期連続増収増益の
 吉越さんの一冊です。

 奥様がフランス人。

 外資系を渡り歩いてきた人
 だけあって外人的な思考が
 特徴的です。

 ゴーン社長のように
 結果にコミットし、
 それに必要な手を打つのです。

・「締め切り」に厳しい上司の部下は、
 必ず伸びる(p84)

■パワーポイントで作った
 資料などいらない。

 職場の課題は何で、
 それに対していつまでに
 どう行動するのかが大事。

 そして期限までに
 それを実行したのかどうか
 徹底してチェックするわけです。

・危機を察知していたのは、
 私だけではなかったはずだ。
 しかし問題は、その危機に
 どう対処するかだ(p132)

■まさしく結果にコミットする
 吉越さんらしいと感じました。

 外資系とはいえ、
 カイゼン、真似る、現場を見る、
 といった仕事の基本は
 共通するものが多いのです。

 吉越さん、
 良い本をありがとうございました。

───────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。

・厄介だろうが、複雑だろうが、難しかろうが、
 その問題解決のためにあらゆる手を
 打つのが上司の役割である(p51)

・リーダーは、積極的に
 「現場」に入るべきだ(p57)

・部下に勝手なことをされた時点で、
 それは、上司の責任だ(p65)

・上司が「考える」のではなく、
 部下に「考えさせる」(p80)

・重要なのは、担当の部下がベストと
 考える案を持ってこさ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました