焼き鯖の味噌煮がめちゃ美味しいんですけど!

小説の書評と感想

ごま鯖が安く売っていたので今夜は鯖の味噌煮。 鯖の味噌煮ってなかなかうまくできない。できないよね?できる?味が濃くなりすぎたりしょっぱかったり生臭かったりパサついたり。たまに美味しくできる時もあるんだけどね。 原因はわかってる。わたしはいつも目分量で作るからだ。 たまにヒット作なおかずが食卓に並ぶと夫は絶賛しつつも「だけどもうこの味には二度と出会えない……」と言う。かなしげ。  わたしの料理は一期一会。味噌汁すら同じ味は登場しない。(飽きっぽいから出汁も決まってない。最近は煮干し使用率高め)  そんなわけでいつも「さば 下処理」「ごま鯖 味噌煮」などとレシピをググる。 今回見つけたのは、焼いてから煮るレシピ。 サバの切り身に小麦粉をまぶして油をひいたフライパンでウラオモテ焼く。そののち、砂糖と薄めの味噌を溶かした液で煮る。煮えてきたら味噌を追加する。  わたしがやった実際の調理方 下処理については何も書かれていなかったが、一応酒をふりかけて生臭さを消すことにする。(レシピ通りにつくらない。すぐアレンジいれる) 小麦粉も両面まぶすとあったけど、皮目はそのままにする。皮目に小麦粉いらないよね〜という気分。サラダ油をひいたフライパンで皮目から焼く。身が半分くらい白くなったらひっくり返して小麦粉がまぶされた方も焼く。火は弱火よりの中火にする。 フライパンの油をキッチンペーパーで吸い取って捨てる。 薄い砂糖水を投入。そのあと砂糖と味噌を

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました