「給料戦争」竹内 謙礼 青木 寿幸

ビジネス書の書評と感想

【私の評価】★★★☆☆(79点)

■給料を上げたい男と女が、
 大東亜戦争からタイムスリップした
 日本兵と出世を目指すストーリーです。

 同い年のライバルが出世していく中で、
 上司に反発していた主人公が、
 日本兵との出会いで変わっていく。

 優秀な人ほど初めは人間関係を
 軽視してしまうのでしょう。

・上司が同い年、いや年下であったとしても、
 そんなことは関係ありません。
 態度が横柄だったり、
 叱られる内容が理不尽であったとしても、
 良い人間関係を作ろうという姿勢を
 持たなくてはいけないのです(p245)

■仕事で成果を出てきた主人公は、
 手堅い転職を決め、そこで成果を残し、
 子会社に転籍して社長となります。

 社長としてはゆがんだ給与体系と
 評価基準を改正します。

 個人、チーム、
 会社の利益に応じて
 給与を決めるのです。

・失敗しても死なない、
 こんな羨ましい仕事で
 チャレンジしなかったら、
 戦場で死んでいった仲間たちに、
 申し訳ないです(p110)

■日本兵がタイムスリップする
 アイデアは面白いと思いました。

 最初、給料の話になったところで
 ずっこけましたが、
 後半は楽しめます。

 竹内さん、青木さん、
 良い本をありがとうございました。

───────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。

・落ちこぼれの兵士が出ないように、
 厳しい目で管理しなくてはいけないのです。
 結局、1人の兵士のせいで、
 組織の力が発揮できず、
 壊滅したりするんで

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました