【シェア読書:1112冊目】なぜ銀座のデパートはアジア系スタッフだけで最高のおもてなしを実現できるのか!?(千葉祐大)

書評総合
【接客現場からみる異文化交流!】
外国人材コンサルタント・千葉祐大氏が、訪日外国人数が毎年更新される昨今、日本が目指すべきアジアの人たちと協業していく社会を構築する方法を、接客の現場から解説する一冊。
rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="156ac3d8.7dbe6d34.156ac3d9.a3b3ebc6";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="300x160";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1504596303285";
■この本の紹介文
あなたが日々訪れる店舗。
外国人スタッフの方と、どれくらい会いますか?
 
本書は、増え続ける訪日外国人を「おもてなし」するための、外国人とりわけアジア系スタッフを「おもてなし提供者」に育成するための方法を解説する一冊。
 
わたしの職場は、新宿にあります。
日々感じるのは、日本人が少数派ではないかと思うくらい、外国人の方で多いということです。
 
「数年前にくらべて、日常生活の中で外国人を見かける回数が増えた」
多くの人が、こう感じていることでしょう。
 
このような変化が起きている今の日本で、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました