「ダメなときほど運はたまる」萩本 欽一

ビジネス書の書評と感想

【私の評価】★★★★★(90点)

■萩本 欽一さんは、仕事先で
 決して遊ばないらしい。

 仕事でハワイに行っても、
 仕事の跡でゆっくり
 家族を読んで遊んだりしない。

 なぜなら、
 仕事中に遊びの運を使えば、
 不運がやってくるからです。

・仕事関連の大きなご褒美はもらわない、
 仕事先で遊ばない、という二つは
 今もずっと徹底しています(p89)

■そして、不運のときには、
 これは大きな幸運がやってくるな、
 と思います。

 つまり、不運の間は
 運を貯めているということ。

 だから野球で三振しても、
 だめだとは考えず、
 次のために運を貯めたぞ、
 と考えるのです。

・不運の度合いが大きければ大きいほど、
 これからやってくる運も大きくなるの(p3)

■欽ちゃん流の調子に乗らず、
 落ち込まないための
 人生哲学だと思いました。

 なんとなく斎藤一人さんと
 同じことを言っているようにも
 感じました。

 偉大な人は、偉大な考え方を
 しているのですね。

 萩本さん、
 良い本をありがとうございました。

───────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。

・なんでつらいことばっかり続くんだろう・・
 っていうことは俺、今にスターになっちゃう
 のかもしれないな。きっとそうだ。
 神様がどっかで見てて、
 俺を有名にしてくれるんだ。
 そうじゃなきゃ悲しすぎるよ(p65)

・うしろから押すのを手伝ってあげたの・・
 りんごを一個くれました・・
 欽一、人さまからものをもら

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました