ノラネコぐんだん パンこうじょう

絵本の書評と感想
作:工藤ノリコ長さ:約3:30【あらすじ】パン工場を覗いているノラネコぐんだん。


美味しそうなパンがたくさん並んでいるのを見て、食べたくなります。 作り方も簡単そう!と思ったネコたちは、夜中のパン工場に侵入。こっそりパンを作りはじまめます。小麦粉、牛乳、砂糖にお塩、分量も測らず材料をどんどん入れていきます。


パンが膨らむ、ふくらし粉は全部入れちゃえ!? 


生地をこねて寝かして形を整えて、焼き釜に入れました。 


しばらくしたら、パンがどんどんふくらんで・・・とうとう釜ごと膨らんできた!?ノラネコぐんだんたち、あぶなーーい!


【感想】シリーズ累計10万部を超える大人気のノラネコぐんだんシリーズの1作目!とにかく絵が可愛い!!キャラクターのゆるーい感じがかわいすぎます。書き込みも細かくて、隅々まで見る楽しみがありますよ!レジでパン食べてるニワトリのゆるゆるな感じがたまらなかったです。


毎回おまぬけなネコたちも可笑しいですね。お決まりの「どっかーーーん!」と反省が面白い。 正座してる姿に 必ず笑っちゃいます。 


そしてワンワンちゃんのパン工場には美味しそうなパンがいっぱい!!お話は名作の「からすのパン


やさん」「11ぴきのねこ」「おおきなおおきなおいも」のいいところを合わせた感じかな?言葉のリズムもいいし、無駄がないので無駄な文章がない絵本は良い絵本のポイントですね!読みやすく、子どもたちも聴きやすいです。これを読んで、子ども達と一緒

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました