「“ゆとり世代"を即戦力にする50の方法」(井上 健一郎)

小説の書評と感想
「“ゆとり世代"を即戦力にする50の方法」を読みました。今どきの若い人たちは、何を考えているんだろう?という疑問を持っていたのですが、それに応えてくれるような内容でした。「ゆとり世代」といわれる人たちの特徴として、物欲がない、安全志向が強い、ネット情報に依存している、仲間意識がちがっている(SNSがあるから空間で距離があっても仲間でいられる)、などがあげられています。なんでもネットで調べれば答えが見つかると思っている、というのも面白いなと思いました。今どきの人たちは、何か質問するとすぐに、スマホで検索し始めますからね。でも、うまい質問さえすれば、自分で答えを探してくる、という側面もあるわけです。「自分へのマイナス評価を気にする」というのもありました。わからないことを人に聞けない新人、というのもここから来るのでしょうか。先輩たちが「そんな事、聞いてくれればいいのに!」というようなことも聞かずに、自己判断で行って失敗する、というのも耳にします。「叱るとめげやすい」これもありますね。親や教師に怒られた経験が少ないためでしょうか。「言われていないことはやらない」ことへの対策は、視野を広げるために、チーム内のすべての仕事を体験させる、朝礼のやり方を変え、小集団で「最近の自分の仕事の状況」「きのう気づいたこと」「今日、協力してほしいこと」について話し合うスタイルに帰るという方法が書いてありました。もっと他にもないのかな。本人に気づいてもらうしかないし、その方法を工夫する、ということなのでしょうか。強みを生かす方法もいろいろ紹介されていました。「聞けば案外いいことを言う」⇒自分からは発信しな

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました