震度0 (朝日文庫) 横山秀夫

小説の書評と感想
あらすじ朝日新聞社HPより引用阪神大震災の朝、N県警本部警務課長・不破義人が姿を消した。県警の内部事情に通じ、人望も厚い不破が、なぜいなくなったのか? キャリア、準キャリア、叩き上げ、それぞれの県警幹部たちの思惑が、複雑に交錯する……。組織の本質を鋭くえぐる長編警察小説。 読書感想背景と概要 硬直した警察組織機構における頭脳集団であるはずの幹部たちが繰り広げる無様な人間模様と微かな希望を描いた作品である。 映画「クライマーズ・ハイ」や、テレビドラマ「64」など、著者の作品が原作である映像を観る機会はあったものの、小説を読む機会はこれまでなく今回が初となる。物語は阪神大震災が起きた日の早朝、震源地から700キロ離れたとある地方警察の幹部たちそれぞれの様子を描写したところから始まる。同じ敷地にある警察幹部たちの官舎では様々な朝があり、ここで描かれた様子がその後のそれぞれの行動を暗示しており、ここで登場人物のキャラクターを掴んでおくと後が読みやすくなる。また、警察組織あるいは官僚機構特有の背景が分かっていると掴みやすいかもしれない。 私もそう詳しくはないが、中央で警察官僚として採用されたキャリア組は、地方警察の要職を転々と渡り歩きながら出世街道を突き進んでいく。一方、地方警察には地元で採用を受け叩き上げでのし上がってきたノンキャリア組がおり、彼らは互いに牽制し合うのがよくある話で、本作では更に中央からやってきたキャリア同士が足を引っ張り合うという残念な展開となる。感想詳細と読みどころ 震災の朝に幹部たちが登庁すると、幹部の一人である不破警務課長が行方不明であるとわかる。彼は組織の要と

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました