星を継ぐもの (創元SF文庫) ジェイムズ・P・ホーガン (著), 池 央耿 (翻訳)

小説の書評と感想
あらすじ本書より引用月面調査隊が深紅の宇宙服をまとった死体を発見した。すぐさま地球の研究室で綿密な調査が行われた結果、驚くべき事実が明らかになった。死体はどの月面基地の所属でもなく、世界のいかなる人間でもない。ほとんど現代人と同じ生物であるにもかかわらず、五万年以上も前に死んでいたのだ。謎は謎を呼び、一つの疑問が解決すると、何倍もの疑問が生まれてくる。やがて木星の衛星ガニメデで地球のものではない宇宙船の残骸が発見されたが……。ハードSFの新星ジェイムズ・P・ホーガンの話題の出世作。 読書感想読みどころ月面調査で死体が見つかる。しかも5万年前に死んでいた人間と相似の生物体。地球上の頭脳を結集して挑む、宇宙と生命の謎。彼らが解き明かしたものは我々人類のルーツであった。感想詳細本書は先日より利用し始めた電子書籍「Kindle」で読んだ2冊目の小説。タブレット(アンドロイド)購入とKindleアプリの活用 | 読書感想BLOG 上の三行まとめが全てであるのだけどもう少し詳しく。※ネタバレ注意です。冒頭のプロローグでどこかの惑星で生命の危機に瀕した人物と彼を助けようとする「コリエル」という人物のやりとりが描かれている。このコリエルという名前は物語の最後の最後まで胸にとめておく必要がある。次いで本編が始まるのだが時代は2028年、科学技術は宇宙を開拓するほどに進化している世界だ。月面調査で深紅の宇宙服を身にまとった死体が見つかったことで物語は一気に加速。アメリカの宇宙開発技術をビジネスとする巨大企業IDCCは、イギリス人の科学者ヴィクター・ハント博士と彼が開発したトライマグニスコープという

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました