『夏の庭 The Friends 』(湯本香樹実)_書評という名の読書感想文

小説の書評と感想
『夏の庭 The Friends 』湯本 香樹実 新潮文庫 1994年2月25日発行
夏の庭―The Friends (新潮文庫)
町外れに暮らすひとりの老人をぼくらは「観察」し始めた。生ける屍のような老人が死ぬ瞬間をこの目で見るために。夏休みを迎え、ぼくらの好奇心は日ごと高まるけれど、不思議と老人は元気になっていくようだ - 。いつしか少年たちの「観察」は、老人との深い交流へと姿を変え始めていたのだが・・・・・・・。喪われ逝くものと、決して失われぬものとに触れた少年たちを描く清新な物語。(新潮文庫)
160万部を超えて売れている “大ベストセラー” であるらしい。
この小説には「あとがき」があり、そこには著者の祖父(母方のおじいちゃん)のことが書いてあります。著者が七歳の時に亡くなったおじいちゃんはとてもお酒の好きな人で、大概は酔っ払っていたといいます。
コップになみなみと注いだ日本酒を、「お水だよ」と言って飲ませようとして母から怒られたり、身のまわりには一向に頓着しない人だったので、駅までステテコ姿で買い物に行ったりしては、とにかく何でもきちんとしないと気の済まない祖母に大ヒンシュクをかったりしていたようです。
電気技師だったおじいちゃんは、黄色や赤いビニールに巻かれた電線をいっぱい持っていて、著者に対し、その電線に五円玉をたくさん通し、よくお小遣いとしてくれたそうです。
が、どちらかというと厳格な父に育てられた著者にとっては、お金をそんなふうに、まるでハワイのレイみたいにしてくれたりするのは、なんだか遊びが過ぎるみたいな気がしてちょっとこわかった

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました