火車 (新潮文庫) 宮部みゆき

小説の書評と感想
あらすじ本書より引用休職中の刑事、本間俊介は遠縁の男性に頼まれて彼の婚約者、関根彰子の行方を捜すことになった。自らの意思で失踪、しかも徹底的に足取りを消して――なぜ彰子はそこまでして自分の存在を消さねばならなかったのか? いったい彼女は何者なのか? 謎を解くカギは、カード社会の犠牲ともいうべき自己破産者の凄惨な人生に隠されていた。山本周五郎賞に輝いたミステリー史に残る傑作。読書感想読みどころ痕跡をことごとく消し去り失踪する女性を追跡するミステリ、そして明かされる彼女の壮絶な人生。追跡の過程で出会う様々な個性あふれる魅力的な登場人物たち。幸せとは?複雑化かつ肥大化した人々の欲望を飲み込む都市生活を浮き彫りにする鋭い描写。ミステリとしての火車警視庁の刑事である本間俊介がこの物語を先へと進めていく役を担う。しかし彼は、とある事件で膝に銃弾を受け、目下休職の身でリハビリに励む日々である。そこに亡くなった妻の遠縁の男が、婚約者である「関根彰子」が失踪したので刑事である俊介に探し出してほしいとの話を持ってくる。そして手始め彼女が世話になった弁護士のもとを訪ね、話をいろいろと聞き出し、確認のため現在の彼女の写真を見せた。そして弁護士の反応は、この女性は、私の知っている関根彰子さんではありません。会ったこともない。誰だか知らないが、この女性は関根彰子さんじゃありませんよ。別人です。あなたは別人の話をしている 彼女はいったい何者であるのか?失踪した理由はなにか?冒頭直後、この時点でじわじわと楽しめる予感が脳裏をかすめる。彼女は徹底して自身が生きた痕跡を消しており、彼女の居場所はもちろん、本当は何

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました