沢木欣一「塩田」

小説の書評と感想
 角川書店「増補 現代俳句大系」(全15巻)を読み進んで、第11巻(1982年・刊)の初めの句集、沢木欣一「塩田」を読みおえる。 9月17日の記事(←リンクしてあり)、同・第10巻の田川飛旅子「花文字」に継ぐ。 原著は、1956年、風発行所・刊。1939年~1955年の675句を収める。 沢木欣一(さわき・きんいち、1919年~2001年)は、戦後いちはやく俳誌「風」を創刊し、社会性俳句を提唱したとされる。 「塩田」には、社会闘争の句といってはない。 それよりも、戦前の句をなぜ、従軍体験もありながら、戦後の句と続けて並べるのだろう。彼には「敗戦革命」という経験はなかったのだろうか。 60年安保以後、句風が移って行ったと解説される(三省堂「現代俳句大辞典」)から、今後の読書を楽しみとしたい。 以下に5句を引く。鳩の尾の扇なすとき別れかな米借りて梅雨の晴れ間を東京へ妻を恋う六月渚雲雀得て行商の荷に油紙能登の雪夜明けの戸茜飛びつく塩の山(「能登塩田」より)フリー素材サイト「Pixabay」より、りんごの1枚。

Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました