「東大教養学部「考える力」の教室」宮澤 正憲

ビジネス書の書評と感想

【私の評価】★★★★☆(82点)

■博報堂のコンサルティング専門家が
 東京大学で教えている
 企画・アイデア法です。

 東大生が、答えのない問題に
 答えるための方法を学びます。

 そのプロセスは、
 調べる→統合する→アウトプット
 する。

・コンセプト作りのプロセス・・
 インプット  調べる
 コンセプト  統合する
 アウトプット 形にする(p115)

■まず、アイデア作りのスタートは、
 インプットです。

 既存のアイデアを含め
 幅広く情報を集めます。

 基本的な情報がなければ、
 そのアイデアが新規かどうかか
 さえ判断できないし、
 斬新なアイデアはアイデアの組み合わせから
 作られることが多いのです。

・アイデアは自分で出さなくてもいいんだ・・
 「ねえ、何かよい考えやアイデアない?」
 と聞きまくっていいのです(p25)

■しっかりインプットできれば、
 アイデアも出てきます。
 これが統合です。

 インプットするから
 人間の創造性が活用できるのでしょう。

 標準的なアイデア作成本でした。

 宮澤さん
 良い本をありがとうございました。

───────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。

・探索型の定性調査は・・・
 事前に仮説を立てずに、
 思い込みを排除して、
 調査を始めることが非常に重要です(p64)

・探索型の調査では、・・
 たった1つでも「面白そうだな」
 と思えることが見つかればいいのです(p66)

・調べ方自体も様々な方法があります・・

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました