官製相場の暴落が始まる 著者 副島隆彦 

小説の書評と感想
マーチン先生の恋愛教室PREMIUM官製相場の暴落が始まる 著者 副島隆彦 2015年から、「官製相場」の暴落が始まる! この10月、日経平均は大きく乱高下した。それは「官製相場暴落」の前触れだ――。日本政府は、話題のGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)を使って株を買い支え、「ゆうちょ銀行」と「かんぽ生命」による米国債買いで円安に誘導する。安倍政権が「株価連動政権」と呼ばれる所以だ。アメリカFRBは量的金融緩和(QE3)の終了を宣言し、欧州ECBは域内の各国銀行に対してマイナス金利を導入した。日、米、欧ともに“相場操縦"に手を染めている。人為的な市場操作は、もはや限界に近づきつつある。金融・経済の行方を世界基準でことごとく言い当ててきた著者による、最新の金融予言!金持ちはインフレが大嫌いです。利上げは、経営者に反対される。経営者にとっては最悪な出来事である。最近急激に円安が進んだのは、ゆうちょ かんぽ貢ぎ円安である。116円が目安である。北朝鮮が持っている四つの核爆弾のうちの2つは中国に向けられている。だから中国はおこってる。北朝鮮への制裁をこころみている。韓国を使ってだ!そしてびっくりな情報がある。ゴールドマンサックスが日本株から撤退している。あのゴールドマンサックスがである。これは何を意味するのであろうか?日本株の暴落を意味しているのかもしれない。シェールガスはインチキだ。だから住友商事が損をした。2014年はゆうちょ かんぽの資金を30兆円ぐらいアメリカに送った。そして 米国債を購入した。日本 いまだにアメリカの属国である。住みやすい 日本 国のために副島氏は愛国心

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました