ぼくから遠く離れて

小説の書評と感想
ぼくから遠く離れて著者 辻仁成その名前じゃ、女の子にはなれないでしょう?大学生の光一に次々に届く、Keyという謎の女性からのメッセージ。やがてKeyは、光一に名前を変え、女装することを強要しだす。「ぼくがぼくじゃないみたい」。鏡に映ったもうひとりの自分を愛し始めた光一。自ら選んだ性を生きる日本人たち。望んだ肉体と精神が手に入る驚きのラスト!辻仁成東京都生まれ。1989年「ピアニシモ」ですばる文学賞、97年「海峡の光」で芥川賞、99年『白仏』のフランス語翻訳版『ル・ブッダ・ブラン』で、仏フェミナ賞・外国小説賞を日本人として初めて受賞。著書多数。詩人、ミュージシャン、映画監督としても活躍ある日、1通のメールが届いた。そこから物語が始まっていく。どんな内容になるだろうか、ハラハラドキドキしながらもストーリーを追いかけていく。送信者はKey言う人物である。心当たりは無い、しかし相手は私のことを知っている。少し怖い話の内容である。だってこちらが知らないのにあちらは私のことを知っているのだから。そしてつけられた名前はアンジュ。天使と言う意味のアンジュであった。これは大学生の男の子の話である。その男の名前は安藤光一である。主人公の大学生に隠れた秘密、隠された不安をあぶり出そうとしている。それが女装と言う手段を使って、名付けて強制女装である。しかしこの女装により主人公の心が揺れて行く。認めたくはないが、心地よさを感じずにはいられない。そんな状況である。あくまでも認めたくはないが。そこから精神のバランスが崩れていく。アルバイトに持ってずに学校にもいかず部屋にこもってしまう。なぜなら自分自身は今

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました