白洲次郎 一流の条件 仕事と人生の格を上げる40の心得

小説の書評と感想
白洲次郎一流の条件仕事と人生の格を上げる40の心得監修  牧山圭男和の偉人、白洲次郎の「所作」「作法」「礼儀」「立ち居振る舞い」とは。「金払いは良くしろ。明るく振る舞え。特定の女ばかりとしゃべるな。そして言い寄られたらノーと言え」「自分よりも目下と思われる人間には親切にしろよ」「井戸の中の蛙は大海を知らないという諺があったようだが、大事なことは、この蛙が大海を知る可能性がないにしても、井戸の中にいる自分を、井戸の外から眺められることさえ出来れば、用はいくらか足りるような気もする」白洲次郎の言葉とエピソードから抽出した、かっこいい一流の男になれるエッセンスが満載。「日本の若い人に1番足らんのは勇気だ」1番最初に届いた言葉である。確かに昔の人たちは勇気があったのかもしれない、しかし勇気がない日本人を作り出したのは、昔の人たちである。プリンシプル(原則)、コモンセンス(良識)のあるレベルを共有できた相手が、妻の白洲正子である。お互いがお互いを尊重して、お互いの自由を認め合う素晴らしい夫婦だと思う。なかなか真似できない夫婦のあり方だけど、目指したいと言う気持ちは誰しもが持てることではないかと思う。白洲次郎は機を逃さない?彼は見極める判断と、実行にうつすスピードが抜群に秀でている。1つにはせっかちであると言う性格が関連してくるのであろう。そしてタイミングをのがせばそもそも意味がないと言うことである。常に成功手にするタイミングをうかがっているし、伺わなければならない。白洲次郎は問題を正視する。臭いものは蓋をしないで、いつか始末しなきゃならないんだから外へ出したら良いと言う考え方である。日本

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました