海猫ツリーハウス

小説の書評と感想
海猫ツリーハウス著者 木村友祐第33回すばる文学賞受賞作。舞台は太平洋に面した東北の小さな町。25歳の亮介は、実家の農作業を手伝いながら、精力的にツリーハウスを作りつづける「親方」のもとで働いている。過去に服飾デザインの専門学校に通っていたが、親しかった先輩に裏切られ、鬱々とした気分から抜け出せずにいる。さらに自称舞踊家の兄・慎平が帰京し、やれスローライフだ、自給自足だと自説を吹聴し始め、亮介の憂鬱は増すばかり。才気煥発で弁の立つ慎平は、不器用な弟を容赦なく従僕扱いするが、亮介はそれをどうすることもできない。どこか地に足着かぬエコ思想かぶれの慎平と家族の軋轢。兄弟の葛藤、そこに慎平の恋愛沙汰が絡んで、物語は一気に不穏な方向に転がってゆく。普段は胸のうちに隠しているほころびが黒い怨念となって、亮介、慎平、親方三人それぞれから吐き出される。呪詛にも似た南部弁の怒号の応酬は恐ろしく、圧巻だ。これはある田舎の次男坊の話である。そこには複雑な人間関係が存在して、葛藤ある。田舎だから葛藤があるわけではない。都会にも葛藤は存在する。皆誰しもその葛藤と戦っている。それが人間社会と言うものなのだ。その人間社会を面白おかしく書いてるのがこの小説である。兄への嫉妬がついて回るのが、弟の宿命である。ツリーハウスを通じて弟の成長及び生き方をこの物語は示している。そこに共感する人もいれば共感できない人もいるであろう。過去の恋愛も、現在の自分を苦しめる原因の1つである。人間と言うのは傷つき傷つけられ傷つけてしまう生き物かもしれない。そんな生き方をしながらも幸せを追い求めているのはなぜであろうか?しかしこの

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました