「火花」又吉 直樹

ビジネス書の書評と感想

【私の評価】★★★★☆(80点)

■不器用な芸人の僕が、
 破天荒な先輩芸人の
 弟子となったお話しです。

 不器用な芸人の僕って
 又吉さんのことじゃないの、
 と感じました。

 なぜなら、不器用な僕は、
 先輩から伝記を書けといわれ、
 この本を書いているからです。

・僕は不器用なだけで、
 その不器用さえも売り物に
 出来ない程の単なる
 不器用に過ぎなかった(p51)

■一方の先輩は
 笑いにこだわりを持つ
 天才肌です。

 売れないのに、
 笑いへのこだわりが
 はんぱない。

 だから、ディレクターや
 放送作家に媚びることもできず、
 敵も多い。

 後輩には借金してでも奢り、
 恋人には振られてしまう。

・どの事務所でも、芸歴を重ね
 手垢のついた芸人よりも、
 言うことを聞く若者の方が
 好まれるようだった(p24)

■芸人という不思議な世界を
 垣間見せてくれる一冊でした。

 笑いは、技術なのか。
 笑いは、金を稼ぐ手段なのか。
 笑いは、芸術なのか。

 又吉さん、
 良い本をありがとうございました。

───────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。

・「お前は本を読むか?」
 「あまり読まないです」
 神谷さんは眼を見開き・・
 深く頷いて「読めよ」と言った(p14)

・人を傷つける行為ってな、
 一瞬は溜飲が下がるねん。
 でも、一瞬だけやねん。・・
 他を落とすことによって、
 今の自分で安心するという、
 やり方やからな。その間、
 ずっと自分が成長する機会

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました