旅の原則は「暮六ツ泊まり七ツ立ち」

書評総合

「今日の名言」は・・・
・旅の原則は「暮六ツ泊まり七ツ立ち」である。  すなわち日暮のころには宿入りし、  夜明けを待たず暗いうちに出発する(下p120)
「一路(上・下)」浅田次郎、中央公論新社 【私の評価】★★★★★(90点)

 ■旧暦では、日の出と日の入りの時刻を  規準時間を決めていました。
 
 日の出が「明六つ(あけむつ)」  日の入りが「暮六つ(くれむつ)」  です。
 
■「明六つ」からは二時間ごとに  一刻づつ減っていき、四つの次は、  お昼となって九つとなります。
 
 お昼の九つからも二時間ごとに  一刻づつ減っていき、  「六つ時」に日が沈みます。
 
■つまり、旅の原則  「暮六ツ泊まり七ツ立ち」とは、  到着が日の入り頃であり、  出発は日の出の2時間前、  午前4時頃となります。
 
 昔の人は、  早寝早起きだったのですね。
 
↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったらクリックをお願いします
いつも応援ありがとうございます
 

一路(上) (中公文庫)
posted with amazlet at 16.10.30
浅田 次郎 中央公論新社 (2015-04-23)売り上げランキング: 11,625
Amazon.co.jpで詳細を見る

 

 
■楽天ポイントを集めている方はこちら『いいね!』
Source: 総合

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました