安室奈美恵引退

小説の書評と感想

イモトアヤコ、安室引退に胸中吐露 「ずっとわたしにとってのHero」  熱烈な“アムラー”として知られるタレントのイモトアヤコ(31)が21日、自身のツイッターを更新。..........≪続きを読む≫[アメーバニュース]  安室奈美恵が引退か。寂しくなるな。 特別ファンじゃなくても、同時代のスターは特別な存在。 わたしにとってはSMAPも安室奈美恵も思い出の中に流れる音楽であり姿であり映像である。 厚底ブーツを履いた。長いコートも、ショートパンツも。 カラオケでは誰かが歌っていたし、友だちの結婚式でも流れた。安室奈美恵ってそういう存在。 イモトアヤコも言うように、安室奈美恵ってカッコいい生き方をしていた。ずっと。 平坦な道ではなかったのに、いつもしゃんと背筋を伸ばして前を見ていた。 もうなの?と思う。まだいいでしょう?と思う。 だけど、ここが彼女の決めた線。 寂しいけれど、安室奈美恵らしい気もする。      SWEET 19 BLUES [CD]安室奈美恵エイベックス・トラックス1996-07-22 いちばん好き。(思い出補正アリ)22年くらい前、みんなアムラーだった。   わたしも…こんなカッコしてた。にほんブログ村    ブログサークルブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう! 

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました