シルバーウイークゆっくりしてる場合じゃねぇ!思わせる熱き企業の物語10選

書評総合


いよいよシルバーウイークが始まりました、みなさんはどう過ごされますか?
たまった疲れを癒やすために温泉に出かける、家族と家でのんびり過ごす、海外旅行に一人旅に行くなど、思い思いの連休を過ごされるかと思います。
しかし、連休だからといって皆が皆休んでいる訳ではありません。休日関係なく必死で目の前の課題に立ち向かい、社会を変えようともがき闘い続けている方たちもいます。
もちろんそれが正解というものでもありませんし、全員がそうするべきとは思いません。連休をフルに遊びに費やすのもその人の自由です。
しかし、今大きな課題を抱えていて何とか解決したい、現状を変えるために何かにチャレンジしたいという人にとっては、まとまった時間が取れる連休は行動を起こすチャンスでもあります。
今回はそんな人達に熱を与え、心を揺さぶり、「今、動かなければ」と思わせるような10の企業の苦闘と挑戦のストーリーをご紹介したいと思います。

孫正義の焦燥【ソフトバンクグループ】
孫正義の焦燥 俺はまだ100分の1も成し遂げていないposted with ヨメレバ大西 孝弘 日経BP社 2015-06-16 Amazonで探すKindleで探す楽天ブックスで探すhontoで探すe-honで探す
ソフトバンクグループは今や700社以上の子会社、100社以上の関連会社、6万人以上の従業員、8兆円を超える売上高を誇る企業へと成長した。創業者の孫正義氏は一代でこの巨大企業を築いた日本を代表する経営者である。Yahoo!JAPANの設立、携帯電話事業への参入、そして昨今ではロボット事業

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました