USJに学ぶ「マーケターにとって最も大切なスキル」とは?

書評総合


マーケターになるために最も大切なスキルは何でしょうか?
その問いに対してUSJをV字回復に導いた立役者でありマーケティング責任者の森岡毅氏は「戦略的思考を身につけること」と答えています。戦略的に頭を使うことに慣れていくことが、マーケターになるための第一歩だということです。
今回は森岡氏の著書「USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門」をご紹介し、戦略的思考とは何なのかを紐解いていきます。
戦略的思考のポイント
・戦略とは何か?
何か達成したい目的を叶えるために、自分の持っている様々な資源を、何に集中するかを選ぶこと。(資源配分の選択)

・なぜ戦略が必要なのか?
1.達成すべき目的があるから
2.資源は常に不足しているから
経営資源が足りない中で目的を達成するためには、限られた貴重な経営資源をどれだけ無駄なく有効に使うか、考えて考えぬくことが必要。選ぶことで足りるようにする、その選択こそが戦略である。

・経営資源(リソース)とは?
カネ、ヒト、モノ、情報、時間、知的財産を6大経営資源と呼ぶ。
経営資源とは、使う人が認識できていないと使えない。部下が長所を持っていたとしても、それを知らなければ活用して成果を出せない。最も大切な資源はヒトである。ヒトだけが6つの経営資源全てを増減したり使いこなしたりできるからだ。

・目的と目標の違い
目的とは達成すべき使命のことであり、戦略思考では最上位の概念。
目標とはその目的を達成するために経営資源を投入する具体的な的のこと。

・戦略と戦術の違いとは?
戦略は目的を達成するため

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました