7つのゼロ思考

書評総合
本日は中村一也氏の
7つのゼロ思考
です。

本書はオトバンクの会長である上田様よりご献本頂きました。
上田様、ありがとうございました。

本書の著者である中村さんは、
多忙な金融機関の中でも最も忙しい部署で
異動や同僚の入院により、
3人分の仕事をこなさなくてはいけなくなります。
ただでさえ多い仕事が3倍ですから、
これは今までの仕事のやり方の延長では
どうにもなりません。
全てを根本的に見直さないといけないのです。

本書には、そんな状況を乗り切った著者のノウハウが
余すことなく、詰め込まれています。
著名な経営者の本と違い、目線を普通のサラリーマンまで
落としてくれているので、読みやすく、共感できます。
仕事は量より質と言いますが、経験的には、
遅いけれども良い仕事というものはあまりありません。
速い仕事こそ、良い仕事への出発点なのですね。

個人的には、「仕事は受ける瞬間が勝負」という話と
仕事を他人に振る時の考え方が特に参考になりました。

入社して数年達って、仕事に慣れてきた若手サラリーマン、
また、若手を指導している中堅サラリーマンにお勧めの一冊です。
仕事のスピードを飛躍的に高めるヒントを得られるでしょう。

続きを読む

Source: 理系

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました