「魔女学園最強のボクが、実は男だと思うまい」坂石遊作 電撃文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは坂石遊作さんの「魔女学園最強のボクが、実は男だと思うまい」です!ストーリー A内容は、魂という力を使い男だけがなれる騎士と、魔力を操り女だけがなれる魔女。そんな騎士と魔女は国の平和をお互いに維持するために日々奔走しながらもお互いの存在を疎ましく思っていた。ユートはそんな騎士として指折りの実力を誇り、騎士団でもトップクラスの実力を有していた。そんなある日、ユートは騎士団長である兄から女装をして魔女学園に潜入せよとの指令を受ける。少女のような顔つきのユートはなんと魔女学園への潜入に成功し普通の女子生徒と同じように授業を受けることに。しかし魔女学園への潜入の目的は目の上のたんこぶである魔女の弱みを探るためではなく、世界を変えてしまうかもしれない魔法の存在を突き止めることで…とこんな感じです!〜女装して男子禁制の魔女学園に⁉︎〜坂石遊作さんの新作!個人的に好きな作品が多い作家さんなので新作楽しみにしてました!今作は女装もの×魔法学園ものということで潜入ミッションのドキドキ感と魔法による派手なバトルが楽しめる学園ファンタジーでした!面白かったです!まず序盤。いがみあう騎士と魔女が描かれます。序盤にさらっとでも過不足なくこの物語の世界観を伝えてくる文章ですっとお話に入っていけましたね。そして若くして騎士団でもトップクラスの能力を誇るユートに魔女学園潜入の任務が与えられます。少女のような顔立ちゆえにその役目を与えられたユートですがあっさりと?魔女学園への潜入に成功します。

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました