『のんきに島旅』(河出書房新社) – 著者: 本山 賢司 – 岸本 葉子による解説

書評総合

『のんきに島旅』(河出書房新社)著者:本山 賢司
Amazon |
honto |
その他の書店
島が好き
島がある。そう考えるだけで、腰のあたりがうずうずし、「こうしちゃいられない」気持ちになる人がいる。二十代の私も、そうだった。天気予報の地図で、伊豆諸島や小笠原諸島を見るたび、(いったいどんなところなのか)と思っていた。のちに三十時間近く船に乗って、着いたそこでは、新聞が一週間ぶん袋詰めされまとめて届くのにびっくりし、はじめて口にするカメ肉がおいしいのかどうか判断に迷い、品川ナンバーの車が走っていることに、あっけにとられた。これが、同じ東京都なのだからなあ、と。そして、ここにもひとり。『のんきに島旅』(河出文庫)の著者、本山賢司さんである。北海道に生まれ育ち、『ロビンソン・クルーソー』や『十五少年漂流記』にはまった「元」少年は、南の島に行くほどのお金がない現実に気づき、日本地図を広げてみて、おおっと、身を乗り出した。島なら、たくさんあるじゃないか、すぐ近くに。そう、旅人にとって、島はパスポートの要らない別世界。なんて言うと、住んでいる人には悪いけれど。貧乏旅行は、神津島、八丈島からはじまった。低気圧で船はさんざんに揺れ、無一文になったときは、鰻ならぬウツボの蒲焼きを、焚き火でこしらえサバイバル。長けりゃいいってもんじゃない?「物好きな。苦労しにいくようなものではないの」と呆れる人もいるだろう。でも、想像してみてほしい。「アマツバメが羽虫を追い、めまぐるしく飛びかう快晴の頂上に立つ。眼下は島を中心に海が広がる、パノラマの世界」、そこで深呼吸する自分を。気分は「新天地に踏み

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました