『サバイバー』(早川書房) – 著者: チャック・パラニューク – 豊崎 由美による書評

書評総合

『サバイバー』(早川書房)著者:チャック・パラニューク
Amazon |
honto |
その他の書店
作家の役割について考える時、あるエッセイで読んだエピソードを忘れることができない。それは炭坑のカナリア。かつて炭坑夫はカナリアを連れて坑に入ったのだそうだ。坑内の酸素の欠乏を知るために。世界には悪意や絶望の種が遍在している。ちょっとした隙を狙って、それらは発芽し、やがて善いものを押しのけ幅をきかせ始める。ところが、大抵の人間は見たいものしか見ようとしないから、その気配を無視してしまう。そんな時、作家は窒息寸前の世界の坑から叫び声を上げているはずだ。「危険、危険、危険!」と。たとえば、B・E・エリスの『アメリカン・サイコ』(角川文庫)。昼間はヤッピー、夜は殺人鬼という二つの貌(かお)を持つ青年の生活を、ブランド名の嵐の中で描いたこの作品は、八十年代のアメリカ社会が生み出そうとしていた病と絶望を赤裸に暴いた傑作だ。ところが、当時の評論家たちはこの作品を否定した。曰く「軽薄」「稚拙」「無意味」。わかってないな、と思う。軽薄で稚拙で無意味、それこそが八十年代に生まれ、今なお生長し続けている絶望の種だったのに。エリスはそれをいち早く察知して警告を発したのだ。チャック・パラニュークもまた、そうしたカナリア型の作家なのだと思う。これがデビュー二作目となる『サバイバー』に繰り返し現れる虚無的心情の告白は、まさに『アメリカン・サイコ』を経て、我々を蝕(むしば)みつつある根の深い絶望を示して、胸に重くのしかかるのだ。集団自殺を遂げたカルト教団最後の生き残りである主人公が、乗客はおろかパイロッ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました