地理女子が教えるご当地グルメの地理学 読書感想文

小説の書評と感想
   地理女子が教える ご当地グルメの地理学Amazon(アマゾン)450〜5,779円  地理女子が教える ご当地グルメの地理学 尾形 希莉子, 長谷川 直子 あらすじ 全国のご当地グルメを、お茶の水女子大学で地理学を研究する“地理女子”が地理学的に解説!なぜそこでその料理や食べものが生まれたのか?なぜその食材を使っているのか? 気候や地形など、その土地の特徴や歴史からご当地グルメの成り立ちを明らかにしていきます。  グッときたポイント 都道府県別に各地の名物グルメが紹介されている。郷土料理やお菓子地域おこしの食べ物など。その食品がなぜその場所その土地でうまれたのか考察されている。気候風土だけでないのが独自の視点。 こんな人におすすめ 『秘密のケンミンショー』が好きな人は、きっと気に入るはず。  わたしのポイント 石川県のトピックスが''あめの俵屋"で、むかーし子どもの頃ここのじろあめを食べたことを思い出した。琥珀色が光で金色に輝くあめは舐めるとほんのり香ばしい甘さがあって、透明な水飴より優しい味がした。あめの俵屋 - のれんを守って百八十余年。お土産に、ご贈答に。創業天保元年、金沢で一番古いあめ屋・俵屋のWebサイトです。お土産に、ご贈答に。厳選した国内産の米と大麦、そして霊峰白山に源を発する清らかな伏流水を飴づくりに使用し、どこか懐かしい風味に金沢らしさが香ります。www.ame-tawaraya.co.jp&nb

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました