【書評:1775冊目】NEWフリーランスの稼ぎ方(山口拓朗)

書評総合
【時代に合わせた新たなフリーランス像】
伝える力【話す・書く】研究所所長・山口拓朗氏が、『NEWフリーランスの稼ぎ方』と題して、新たなフリーランス像を示しながら、長期的に稼ぐ力をつける方法を指南する一冊。
rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="156ac3d8.7dbe6d34.156ac3d9.a3b3ebc6";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="300x160";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1504596303285";
■書籍の紹介文
明日からフリーランスになる。
もしものとき、あなたはなにで稼ぎますか?
 
本書は、時代の変革に適応した新たなフリーランス像を提示しながら、自分の力で人生の可能性と選択肢を広げながら、長期的に稼ぐ力をつける方法を指南する一冊。
 
著者が示す新たなフリーランス像「NEWフリーランス」。
それは、「仕事を請け負う」+「CtoC型サービスを提供する」のハイブリッド型フリーランスを指します。
 
なぜ、これからの時代はハイブリッド型なのか。
自身の経験、実際の事例などを交えながら、全体像から身につけるべきことまでをテン

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました