ゴミの日、今日じゃなかったわ…

小説の書評と感想
朝、ゴミを出しにいったらゴミ収集場所に1個もなかった。いつもいっぱいなのに。  妙だな……? 事件か?  探偵はあごに手をあて、しばし沈思黙考した。灰色の脳細胞があやしく電気パルスを閃かせ、ひとつの推論に達する。  そうか。  真実はいつもひとつ!謎はすべて解けた!じっちゃんの名にかけて!!   つまり…こういうことだね? 今日は、ゴミの日ではない。と。      はぁ—————あぁ————………………っ   ゴミの日、すぎてるじゃん。昨日じゃん。 昨日が月曜で今日が火曜の気分だったよ。 そういや祝日だったか。そうか。そういやそうだわ。そうだったわ。  あーあ。              人気ブログランキング    にほんブログ村               
Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました