ずっとやりたかったことを、やりなさい。

書評総合
ジュリア・キャメロン氏著、「ずっとやりたかったことを、やりなさい。」という本を読んだのでご紹介しよう。
この本の英語版オリジナルが出版されたのは1992年、日本語版が出版されたのは2001年4月である。
英語版が出版されすでに30年、日本語版が出て20年以上が経っているが、今も読み続けられている大ベストセラーだ。
そして僕がこの本を購入したのは2011年末で、買ってすぐに一度通読している。
今回思うところあって久しぶりに再読したが、前回以上に心に響くものがあった。
早速紹介しよう。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

原題は “The Artist’s Way”、アーティストの道
本書の邦題は「ずっとやりたかったことを、やりなさい。」だが、 英語の原題は「The Artist’s Way」である。
日本語に訳すと「アーティストの道」「芸術家の道」という感じだろう。
人は誰もが心の中に本当はやりたいこと、やりたかったことを秘めて生きている。
しかし、様々な阻害要因により、やりたかったことをできずに生きている人が大半だろう。
そして、多くの人は、やりたかったことがかつて自分の中にあったことすら忘れ、封印して日々の生活に追われている。
この本のテーマは「創造性の回復」である。
原題から考えると一瞬アーティスト向けの本なのかと思うかもしれないが、そうではない。
本来はすべての人に「創造性」があるが、ほとんどの人は創造性を封印して暮らしている。
本書が目

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました