1日10分「じぶん会議」のすすめ

書評総合
鈴木進介さん著「1日10分「じぶん会議」のすすめ」という本を読んだのでご紹介しよう。
この本は2017年4月に購入し、今まで2回ほど通読していた。
2022年になり、自分の中で、 毎朝行っている「日次レビュー&デザイン」の改革が必要と感じ、本書を読み返すことにした。
日次レビュー & デザインが、単なるルーチンの進捗確認作業になってしまっていることに気付いた。
より戦略的な場にするべく、本書「1日10分「じぶん会議」のすすめ」が役立つと感じたのだ。
さっそく紹介しよう。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

思考は書き出さないとずっとモヤモヤしたままだ
我々の思考は常に浮かんでは消え、消えては浮かぶ。
感情も同様に刻々と形を変えつつ、常に浮かんでそして消える。
それらの思考や感情は頭の中に留めておく限り、ずっとモヤモヤしたままだ。
形を持たない思考の断片、感情のかけらは、我々の脳のリソースを占有してしまう。
気になることをそのまま頭の中に留めておくのは避けたい。
気になること、やるべきこと、不安なことなどをモヤモヤの状態から救い出すには、書き出すことだ。
言語化することにより、我々の思考は初めて形を持ち、対処可能な「課題」に変化する。
行動可能な形になることで、モヤモヤは、最早モヤモヤではなくなるのだ。
自分との議論の場「じぶん会議」はノートとペンを持って行なう
本書では、自分自身と議論する場「じぶん会議」を行うことを推奨している。
一人で行う会議の主役はノートとペンだ。
自分

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました