『世界史のなかの東南アジア【上巻】―歴史を変える交差路―』(名古屋大学出版会) – 著者: アンソニー・リード – アンソニー・リードによるインタビュー

書評総合

『世界史のなかの東南アジア【上巻】―歴史を変える交差路―』(名古屋大学出版会)著者:アンソニー・リード
Amazon |
honto |
その他の書店
近年の東南アジア史研究を牽引してきた歴史家アンソニー・リード。東南アジア全域の歴史を先史時代から現代まで一人で書き上げた畢生の大作、『世界史のなかの東南アジア』上下巻が邦訳された。本書では、国家を歴史の主役とするのではなく、環境、ジェンダー、非国家社会に焦点を当て、文字にされない表演――踊り、詠唱される詩、演劇、音楽など――や商業、宗教などの叙述を通じて地域全体の歴史的ダイナミズムを描いている。出版までの経緯や、この地域の歴史を語ることの意義について、監訳者の太田淳/長田紀之が原著者にインタビューした。
失われることのない多元性
東南アジア地域全史という挑戦
――どうしてこの本を書こうと思い立ったのですか?The Age of Commerce in Southeast Asia(邦訳『大航海時代の東南アジア』)第1巻を出した少し後の1990年に、ブラックウェル社の編集者ロバート・ムーア氏から、同社の「世界の歴史」シリーズで東南アジアについて書いてみないかと話がありました。面白い企画だと思ったので、その年のうちに契約書に署名して前金を受け取りましたが、時間がかかるということも同時に伝えました。この地域の全史をまとめるのは一生分の仕事のようなものであり、キャリアのあまり早い時期に取り組むべきではないと考えたからです。しかし私は1990年代には多くの仕事を抱えていて、東南アジア経済史プロジェクト、華人ディアスポラ・プロジェクト、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました