『紬の里』(新潮社) – 著者: 立原 正秋 – 辻原 登による書評

書評総合

『紬の里』(新潮社)著者:立原 正秋
Amazon |
honto |
その他の書店
もうひとつの『雪国』
かつての流行作家、立原正秋の『紬の里』を読む。三十五年前に書かれたなつかしい日本の雪の物語だ(ALL REVIEWS事務局注:本書評執筆時期は1996年頃)。舞台は雪深い越後。織物の町・塩沢で、母と娘を抱えて機織りにいそしむ三十一歳の寡婦・志保子の前に、ある初雪の日、東京の美術大学の教師・高階が現れ、志保子の胸に火をともしてゆく。それから毎年、雪が降りだすと高階はやってきて、二人は四度目の冬に結ばれる。逢う瀬が重ねられ、志保子の思いは一途に高階にむけられる。高階の思いも深まるばかりだが、雪国そのものになのか、雪に埋もれて機を織る女になのか、しかとは定められない。そんな彼の前にもう一人の雪国の女、若い芸者・織江が現れる。高階は雪国に移り住むことになるが、彼が居ついた湯沢の常宿で重ねられる逢う瀬は、しだいに不穏になってゆく。彼は織江ともぬきさしならなくなってゆくのだ。高階は男の身勝手という以上のどうしようもない性(さが)のままに、志保子を追いつめる。志保子は嫉妬に苦しみながらも、深まる一方の交情に「ゆきまどい」、「ゆきくれる」。二人の深い嘆きは、あくまでも沈着なひんやりとした語り口に支えられて、それだけよけい読者に痛切にひびく。志保子の情念のなまなましさなど、かえって清流の底の小石のようにあらわにみえて、どきりとさせられる。こらえにこらえていた志保子はラストで燃えあがる。織江の家に居つづけになっている高階を迎えにいった志保子は、「宿でお待ちしております」といって離れにひき

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました