脳を「見える化」する思考ノート

書評総合
午堂登紀雄さん著、「脳を「見える化」する思考ノート」という本を再読したのでご紹介しよう。
この本は2008年9月に刊行されており、僕は2009年3月に最初に読んだ。
当時の僕はまだ会社員で、ブログを始めて4ヶ月目。
まだブロガーとして独立するなど夢のまた夢、と言うより現実的には想像もしていなかった時期だ。
図書館でこの本を借り読んで感銘を受け、ノート術を生活に取り入れた。
その後再読のタイミングで本を購入し、何度か読み返してきた。
それから10年以上が経ったが、今年再びノートに対する熱が高まっている。
そこで、僕の中での元祖ノート術本と言うことで、本書を再読した。
時を経て僕も立場も経験も変わったが、やはり素晴らしい本だった。
早速紹介しよう。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

「夢」をノートに書くことで人生が変わる
本書では、著者の午堂登紀雄さんが、ご自身のノート活用術を本にまとめている。
本書でのノート活用術の基本は「すべてを1冊のノートに詰め込む」ことと、「「夢」をノートに書く」ことだ。
多くの人のノートの使い方は、会議のメモや打ち合わせの記録、それにTo Doなど、忘れてはいけないことを記録するために使っている人が多いだろう。
しかし、 御社で推奨されているノートの使い方は全く異なる。
全てを一冊のノートに詰め込むため、To Doなども書き込まれるわけだが、一番大切な事は自分の夢や野望を書き出していくことだ。
夢を書き出したからといって、そのまま放置していては夢は現実化しない。

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました