「わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ!(※ムリじゃなかった!?) 4」みかみてれん ダッシュエックス文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのはみかみてれんさんの「わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ!(※ムリじゃなかった!?) 4」です!⚠︎若干ネタバレありです前巻の記事↓
ストーリー A内容は、紫陽花さんから告白されたれな子は勢いで思わず返事をしてしまうもなんとか撤回し時間をもらうことに。真唯と紫陽花さんから向けられる好意に、自己肯定感の低いれな子は戸惑うばかり…そんなある日香穂ちゃんの趣味であるコスプレを手伝うことに⁉︎香穂ちゃんお手製の衣装を着せられてカメラマンのお姉さんに撮影されて、打ち上げでラブホに行ったり…れな子は香穂ちゃんに悩みを相談するも答えはなかなか決まらない。しかし時間は待ってはくれずれな子は決断を迫られて…とこんな感じです!〜れな子コスプレイヤーになる〜シリーズ第4弾!前巻衝撃の引きでどうなるのかと思いましたがこうきますか…いや!れな子らしいですし僕は好きです!今回もめっちゃ楽しませていただきました!面白かったです!まず言わせてください…大天使!紫陽花さん!あぁああああああああああああああ!紫陽花さん…なんでそんなに天使なんですか…なんでそんなに小悪魔なんですか…紫陽花さん…推し…好き…紫陽花さんしか勝たん。絶対に負けへん…120%優勝じゃんこんなの…紫陽花さん…尊いよ…閑話休題。さて、物語は前回紫陽花さんに衝撃の告白をされたあとからスタートします。なんとか時間をもらうことで現状維持?を選択したれな子は真唯、紫陽花さんと二人から向けられる好意に戸惑うことになります。流

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました