ゆく年(2021年)におくる30冊

書評総合
 昨年に「おくる本」を書き終えて(当該記事)まだ半年くらいであるが、時期が巡ってきたので2021年におくる本たちについて書くことにする。例に漏れず、てんやわんやのうちに過ぎゆく1年に捧げたい本のリストである。 話題や売れ行きにはそれほど拘らず、折に触れ気になった本、人に薦められた本、実際に触れて印象的だった本などを時系列で挙げる。
 体感的には訃報が多く、また報道はコロナ禍や皇室関連の動静についてのものが優先されがちで、どうにも晴れ晴れとはいかない年だったが、そこからでも未来に向かうものは見出せるのではないかという気持ちでセレクトした。それでは、1月から挙げていこう。
1月(1冊)

日本のいちばん長い日(決定版) 運命の八月十五日
作者:半藤 一利
文藝春秋
Amazon

 12日、ノンフィクション作家の半藤一利氏が90歳で死去された。昭和史の研究が主たる仕事であり、『日本のいちばん長い日』が最も知られた著書ではないだろうか。 同作は過去に2度映画化されており、2015年版の方は私も視聴した。終戦の8月15日も遠くなった感はあるものの、やはり押さえておきたい原作だろう。
2月(3冊)

大丈夫か、新型ワクチン:見えてきたコロナワクチンの実態
作者:岡田 正彦
花伝社
Amazon
 

 17日、新型コロナワクチンの国内接種が始まった。その後、9月13日時点でワクチンの2回目接種を終えた人が全人口の50%を超えている。一方、この新型ワクチンは人類が初めて経験する原理に基づいたものであり、安全性に疑問符を付ける人もある。実際、接種後に心筋炎等を発症する例も

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました