『装幀談義』(筑摩書房) – 著者: 菊地 信義 – 俵 万智による書評

書評総合

『装幀談義』(筑摩書房)著者:菊地 信義
Amazon |
honto |
その他の書店
第一歌集『サラダ記念日』の装幀を初めて見た時には、正直言ってびっくりした。「写真が使ってあります」ということは、事前に編集の人から聞いていたのだが、ソデのところか、後ろの著者紹介とかいうところだとばっかり思っていた。それが、表紙に、どんと自分の顔である。ひええっ。装幀をしてくださったのは、菊地信義さん。私もその頃、生まれて初めての本が出版されることになって、俄か勉強であれこれと装幀の本を読んだりしていた。中で一番おもしろく心に残ったのが、菊地さんの『装幀談義』という本である。心を落ちつけて、もう一度『サラダ記念日』の表紙を見る。その時、『装幀談義』の中のこんな言葉が思い出された。
ぼくはずっと一貫していることなんですが本の装幀というのは、そのテキストに対するイラストレーションや解説でありたくないと思っているわけです。つまりそのテキストの構造でありたいと思っているんですね。
私が勝手に、何となく思い描いていたパステル調の表紙というのは、まさにこの歌集の「イラスト」だった。菊地さんは、この歌集の「構造」を、モノクロームの私一人の写真で表現されたわけである。こわい。考えてみると、思いあたることが、いくつかあった。短歌は、「一人称の文学」と言われる。何も書いていなければ、主語は「われ」だ。歌集のあとがきに、私はこう書いた。「原作・脚色・主演・演出=俵万智、のひとり芝居――それがこの歌集かと思う。」それから、歌集の最後にはこんな歌を置いた。愛された記憶はどこか透明でいつでも一人いつだって一人一人

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました