「月とライカと吸血姫7 月面着陸編・下」牧野圭祐 ガガガ文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは牧野圭祐さんの「月とライカと吸血姫7 月面着陸編・下」です!前巻の記事↓
ストーリー AA内容は、共和国と連合王国によるサユース計画は順調に進んでいた。レフはイリナに想いを告げることを決心し、彼女と共に故郷の村に赴く。一方のバートとカイエは共和国製の宇宙船を連合王国製のコンピューターで制御するという大仕事をしてのけ月面着陸へ向けた準備は万全。そして最終ミッション月面着陸に向けたロケットの打ち上げが始まる…とこんな感じです!〜Fly you to the moon〜月とライカと吸血姫シリーズ完結!発売されてから読むのが少し遅くなってしまいましたが2021年最後は絶対にこれを読むんだと決めていたので…まず言わせてください…最高本当に本当に最高でした!大学時代に出会った1巻完結だと思っていたお話がコミカライズされ、アニメ化され、そして月に行くことなんて想像もできませんでした。そライトノベルを読んでこんなに感動して、こんなにレフ、イリナ、バート、カイエをはじめとした登場人物を応援し、彼らを愛して、物語が終わって欲しくないなんて願うことはなかったです。僕が読んできらライトノベルの中で1番面白いと自信を持って言えるシリーズがこの「月とライカと吸血姫」です。最高のラストをありがとうございます!物語は前回の続きから。共和国と連合王国という東西のニ大国が共同で月を目指すサユース計画の続きから始まります。いろんな課題が解決されあとは順調にミッションを消化しそして最後の月面着陸を

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました