【書評:1763冊目】「紙1枚! 」読書法(浅田すぐる)

書評総合
【深く読めるようになると忘れない!】
作家・浅田すぐる氏が、『「紙1枚! 」読書法』と題して、紙1枚を使った読書メソッドを解説しながら、固定観念に囚われない、自力と自信がつく読書力の磨き方を指南する一冊。
rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="156ac3d8.7dbe6d34.156ac3d9.a3b3ebc6";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="300x160";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1504596303285";
■書籍の紹介文
本を深く読む。
どんな感覚なのか、イメージできますか?
 
本書は、本とのつきあい方がガラッと変わる「紙1枚」を使った読書メソッドを解説しながら、自力と自信がつく読書力の磨き方を指南する一冊。
 
本を深く読む感覚がイメージできない。
ということは、あなたは深く読んだことがない証拠といえます。
 
本を深く読めないと何が起こるのか。
「本の内容を忘れてしまう」「本で学んだことを実生活に活かせない」という顕著な現象を招きます。
 
この状態が続くと、「本なんて役に立たない」「時間の無駄」と読書を遠ざけてし

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました