恋愛脳で自分の気持ち優先の似た者兄妹 カムカムエブリバディ

小説の書評と感想
るいが私の幸せ 何よりも るいが一番大事 るいは私の命 自己陶酔型の自己満足な愛情は、伝わらなくて空回りする。 「あい、へいと、ゆー!」のたった一言でアメリカ行きを決める安子は、雪衣さんと勇ちゃんの情事の気配に逃げ出したサンタの妹だ。 そのタイミングで黙ってお金を持ち逃げすることがどれだけたくさんの人に迷惑をかけ、心配させるのか、サンタは考えない。 雪衣さんにフラれた!失恋した!大好きだったのに!悲しい!道化だ!! 自分の悲しい気持ちだけしか考えられない。    安子も同じだ。 たちばな再建のために何年もかけて貯めた大事なお金、たったひとり残った血縁の兄、なくしたら困る。探さなくちゃ。 探しに行くのはわかる。だけど、何日探し続けてるの?手がかりもなく、勘とロバートさんを頼りにして。見つかりそうな気配もないのにやみくもに歩き回るのってなんの益があるの?‘やってる感’出したいだけじゃない?むかしサンタが家出したときは探しに行かなかったくせにさ。 というか、ロバートさんに会いたいだけじゃないの?ってゲスく勘ぐりたくもなる。 るいちゃんからしたら、そうとしか思えない。 小学校入学直前、ランドセルは孫に甘いじいじが買ってくれたとしても、母親なら、髪留めなりりぼんなりえんぴつや文房具なり、子どもと一緒に入学準備しながら「一年生楽しみだね」「小学校楽しみだね」「大きくなったねえ、嬉しいね」ってきゃっきゃうふふするもんじゃないの? 口では「るいが

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました