「美少女とぶらり旅」青季ふゆ 富士見ファンタジア文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは青季ふゆさんの「美少女とぶらり旅」です!ストーリー A内容は、学校や親との関係がうまくいかず旅に出ようと家から飛び出した高橋翔。そんな彼は駅のホームで自殺しそうな同級生の七瀬涼帆を見つける。思わず彼女を助けた翔は死にたいという彼女に一緒に旅に出ようと言う。最初は翔に不信感を抱いていた涼帆も美味しいものを食べて綺麗な景色を見て徐々に表情も和らいでいく。しかし2人の旅に暗雲が…とこんな感じです!〜駅で出会った学年一の美少女と旅〜青季ふゆさんの新作!「世界一かわいい俺の幼馴染が、今日もかわいい」が好きだったので新作楽しみにしてました!今作は訳ありな同級生の女の子と静岡を中心に旅をするという旅もののラブコメでめちゃくちゃ楽しませていただきました!面白かったです!まず序盤。家から飛び出して旅に出ようとする翔と飛び降り自殺しそうになっていた涼帆に出会います。序盤はテンポ良く旅への流れが出来上がっていてこれで完璧に物語に引き込まれましたね。そして始まる2人旅!まずは熱海へ。綺麗な景色や温泉を楽しみ熱海グルメに舌鼓を打つ。お調子者気質な翔とクーデレで計画性抜群な涼帆とのやりとりは見ていて楽しいですね!時々変なこだわりを見せる涼帆とそれに振り回される翔は微笑ましい…そして旅先で出会う人々と紡ぐヒューマンドラマもグッド!熱海で出会った瑠花、浜松で出会った奏さん…それぞれ悩みやうまくいかないことを抱える女性と出会い、なんだかんだで彼女たちの力になる。境遇も立場も違う一期一会のやり

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました