秋野 不矩『秋野不矩 インド』(京都書院)、秋野 不矩『画文集バウルの歌』(筑摩書房) – 藤森 照信によるコラム

書評総合
秋野不矩さんの絵について、司馬遼太郎は、
いきものがもつよごれを、心の目のフィルターで漉(こ)しに漉し、ようやく得られたひと雫(しずく)。
と、『秋野不矩 インド』(京都書院)の中で解説しているが、そのとおりだと思う。このたび刊行された二冊の本のページを繰りながら改めて、どうして不矩さんの絵は「いきものがもつよごれ」から自由なのかを考えた。まず、テーマがインドということがある。詩人タゴールが創設した大学に招かれて以来、今日まで三十余年の間、計四十ヵ月も滞在して、インドを描き続けてきた。もう四年も雨が降らないという曠野(こうや)の廃墟、枯れ草に埋もれる古碑、日干しレンガの僧院、などを好んで描いていることから知られるように、この画家の筆はインドの「乾燥」を把(かえ)えようとしている。乾いた大地と空気は、汗も血もそしてあらゆる有機物をも微粉にして風に飛ばす力を持つ。いきもののよごれを乾いた微粉と化して大地に還(かえ)すには、インドが一番なのである。ここに一つ謎が生まれる。戦後の若い画家やヒッピー体験者ならともかく、秋野不矩は当年八十四歳、京都画壇の長老、文化功労者、そして女流である。日本画のテーマは花鳥風月が基本で、とりわけ京都の女流・長老となれば、湿潤の京都の豊かな自然を濃やかな筆先で描くのが任務とさえいえるのに、まるで湿った京都を嫌がるようにしてインドに跳んでしまった。この謎の手掛かりは、『画文集 バウルの歌』(筑摩書房)に集められた文章の中に読みとることができる。昭和六年、弱冠二十三歳で帝展に初出品・初入選を果たし、そして翌年に出した絵は、
野良犬が荒野を彷徨(さまよ)って歩く

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました