【書評:1758冊目】怒らないこと(アルボムッレ・スマナサーラ)

書評総合
【怒りは猛毒、解毒するのは笑うこと!】
スリランカ上座仏教長老/アルボムッレ・スマナサーラ氏が、『怒らないこと』と題して、なぜブッダは怒りを全否定するのかを説きながら、怒りに侵されない方法を指南する一冊。
rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="156ac3d8.7dbe6d34.156ac3d9.a3b3ebc6";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="300x160";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1504596303285";
■書籍の紹介文
怒ることは自然なことだ。
こう聞いて、あなたはどうおもいますか?
 
本書は、怒ることは自分で毒を飲むことに等しい蛮行だと説教し、ブッダの教えにしたがって、怒りに侵されない方法を説く一冊。
 
この本は、怒らない方法を身につけるものではありません。
そもそも怒らない、怒りと無縁な自分であることを目指すものです。
 
怒ることは、決して自然なことではありません。
むしろ、激しく自分を破壊する愚かな行為であると認識するべきです。
 
この激しく自分を破壊する行為を、仏教では「怒りは死ぬくらいの猛毒」という教

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました