「陰キャの僕に罰ゲームで告白してきたはずのギャルが、どう見ても僕にベタ惚れです1」結石 HJ文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは結石さんの「陰キャの僕に罰ゲームで告白してきたはずのギャルが、どう見ても僕にベタ惚れです1」です!ストーリー A内容は、クラス内でトップカーストのギャル・茨戸七海に告白された陽信。しかし七海からの告白が実は罰ゲームだった?それを知りながらも七海と付き合うことにした陽信。しかし七海の様子を見ていると実は男性が苦手なピュアな女の子でどうやら陽信に本気で惚れているっぽい…?ピュアな2人によるラブコメが始まる!とこんな感じです!〜ピュアギャルが陰キャにベタ惚れ…?〜参加させていただいているHJ文庫公式レビュアープログラムの作品。ありがとうございます。この作品がデビュー作のようですね。実は男性嫌いなピュアなギャル・七海と陰キャな陽信のやりとりが楽しいラブコメでした!面白かったです!まず序盤。陽信の日常が描かれます。学校ではとにかく目立たず、家に帰ってもソシャゲで時間が流れる日々。そんな日常の中で陽信はクラスのトップカースト女子である七海が罰ゲームで自分に告白しようとしていることを知ります。そのことをソシャゲ仲間に相談したところ試しに付き合ってみたらと言われ付き合うことに…序盤は七海と付き合うまでの過程がしっかりと描かれていて陽信の陰キャ高校生な日常もグッドでしたね!そしていざ付き合ってみると七海が自分にベタ惚れなことが明らかに!告白時にたまたま七海のことを助けたとはいえ、手を繋いで嬉しそうにしたりわざわざお弁当を作ってきてくれたり…これはもう惚れてるやろ!な七海の行動

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました